SSブログ

宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン 開催しました3・カフェタイム篇  [宮沢賢治]

2019年2月15日-21日開催の
宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン
この記事はカフェタイム篇
 前の記事の続きです

 1・ランチ篇→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27
 2・トークイベント篇→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-28

ランチのあとの昼下がりのカフェタイム
花巻と小岩井の食材が味わえる
冬が舞台の賢治童話をテーマにしたいろんなスウィーツが登場しました。
カフェ.jpg

キックキックトントン雪あそび
20.jpg
小岩井牛乳のパンナコッタ きび団子を添えて
「雪渡り」のどこまでのひろい雪野原。狐の幻燈会のおもてなしは、きび団子
・・・こうやってちょっと斜めから「雪野原」を楽しんでからいただきました。
   「たろし滝」みたいな!? 氷柱だってあります。これは飴でできていました。
   きび団子はもちもちでした。

雪童子(ゆきわらす)のおやつ
23.jpg
花巻産 雪の下にんじんのカタラーナ
 トークイベントでも登場したカタラーナ
 →https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-28


ベイクドアラスカ
22.jpg
アイスクリームとメレンゲで氷山のようなデザート
「氷河鼠の毛皮」のベーリング行き急行列車は北極近くまで走ります
・・・スプーンですくうと、もっちりどっしりなのに、口に含むとふわふわのメレンゲ「氷山」。
   中から小岩井のアイスがでてくるんです。発掘しているみたいで楽しかった。
   「白金豚の紅茶煮」と、この氷山で、気分はベーリング行き急行列車の食堂車内です。

牧場のミルクソルベ
21.jpg
小岩井農場の生乳を使ったソルベ 
・・・久々に再会できた広島の寧子さん、どうもありがとう!
   彼女セレクトのソルベ。まんまるで雪玉みたい。ほんと、ミルクの味が豊かでした。


デザートプレート「冬の巨きな菓子の塔」
24.jpg
花巻の早池峰山(はやちねさん)を巨きな菓子の塔にみたてた宮沢賢治
花巻レストランでは雪の世界を4種のデザート(雪童子のおやつ、小岩井チーズケーキ「こがね色の草穂」、小岩井カスタードバニラ、牧場のミルクソルベ)で。
・・・これは私はディナータイムに友人たちと味わったのですが、それぞれ食感の異なる冷たいデザート4種味わえ大満足。早池峰山の雪もこんなふうに美味しいかも、と想像がふくらむのでした。


おや、ふりかえると食べていないのは小岩井ソフトクリームだけ。
どれもおいしくて楽しかったです ♪ ごちそうさまでした。
25.jpg
・・・・ところであれから半月ほどたつけれど、体重が元に戻りません~~

コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント