So-net無料ブログ作成

居酒屋『火の車』一日開店しました 3 心平・賢治・光太郎 ある日の食卓 お品書き [宮沢賢治]

居酒屋『火の車』一日開店しました

1・寸劇とランチタイムとトークイベント
 →https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-03-10

2・火の車メニュー お品書き
 →https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-03-11
16.jpg
↑ 心平さんのエッセイにも登場する花のオープンサンド

こちら3の記事では
「心平・賢治・光太郎 ある日の食卓」メニューをご紹介します。
55.jpg
企画展の展示Ⅳでご紹介した草野心平・宮沢賢治・高村光太郎の食のエピソードに関しての食べ物・料理を「ある日の食卓」として11品ご紹介しました。


腐乳(フウニュウ)【心平メニュー】
中国産のカマンベールみたいなもの(「わが酒菜のうた」)。粥のおかず(「わが
生活のうた」)ほかで登場。

今回は神戸・南京町で見つけた、ご飯にあう甘酒入り甜(甘い)腐乳です。
甘いといっても塩辛いのが腐乳です。塩辛さが柔らかめの腐乳でした。
塩辛い腐乳はお粥と相性がいいのですが、今回はおむすびに合うものあるでしょうか?と、お店(林商店)の方に相談したら、これがいいよ、と。
33.jpg
 
松前漬け 【心平メニュー】
短冊にしたするめと生にんじんを漬ける(「わが酒菜のうた」)ここに昆布を加えて
松前漬けにしました。
53.jpg
・・・写真を撮るのを忘れてしまった。真ん中に写っているのが松前漬けです
   高村光太郎連翹忌運営委員会のブログよりお借りしました。

岩手で見つけた松前漬けの素をもっていきました。
34.jpg
ところが、いわきでも松前漬けは郷土料理の一つと教えていただき、関西人の私はびっくりするやらうれしいやらで作り方を教えていただきながら、結局作っていただきました。千切りにしたにんじんをたっぷりいれるのがいわき流なのだとか。心平さんが「わが酒菜のうた」に記している内容に納得でした。おいしかったです。
 
花のオープンサンドイッチ 【心平メニュー】
17.jpg
心平さんのエッセイの中には花を食しているものが多いのです。1973年9月
NHKきょうの料理では「自慢料理」としてこのメニューほか4品を紹介しています。
15.jpg
今回はオーガニックのエディブルフラワーを通販で取り寄せて使いました。
食パンブームにあやかって!? 食パンは芦屋panyaさんの高級生食パン
ママレードはイギリス製、そして発酵バター入り小岩井マーガリン
 
ジャスミンティ 【心平メニュー】
35.jpg
「私の空想料理」に出てくるジャスミンスープを想って
神戸・南京町で見つけたティバッグです。
 
コンビーフ 【心平・光太郎メニュー】
14.jpg
高村光太郎さんの日記1951(昭和26)年4月14日には「草野君よりコンビーフ 
缶」の記載があり。5月7日にパンと一緒に食している様子。
36.jpg
そこで今回はリビーのコンビーフ缶と市販のフライドポテトで「コンビーフハッシュ風」に。
ほぐしたコンビーフと角切りにしたフライドポテトをマヨネーズであえるだけ。隠し味に粒マスタードを少々。
(お酒のあてにも、パンとも相性の良い簡単メニューなので、気になる方ぜひ作ってみてくださいね) 

 
フランス漬け 【光太郎メニュー】
11.jpg
ドイツ料理のザワークラウト(仏・シュークルート)はキャベツの酢漬けのこと。
日本のお漬物(それも古漬け)っぽい味がします。これを光太郎さんはパリ直伝の作り方で「フランス漬け」と呼び作っていました。
37.jpg
今回はアメリカ製の缶詰を利用してフランス漬け風にしました。
 
フランスパン 【光太郎メニュー】
光太郎さんフランスパンがお好きだったようでエッセイにも
仏蘭西で最も好いのはパンです。(「画室にて」)
としたためています。
今回は芦屋ビゴの店のバケットを用意しました。
実は私のソウルフード(パン)なのです。それでフランスパン好きな光太郎さんにぜひ食べてもらいたいという思いからです。
 
陸羽132号のおむすび 【賢治メニュー】
5.jpg
賢治さんが羅須地人協会時代に推奨していた品種の陸羽132号
おむすび100個あっという間になくなりました。

ハトロン紙に包まれた食パン 【賢治メニュー】
13.jpg
宮沢賢治さんが友人の森荘己池氏と岩手山に登り、野宿した朝に湧き水と一緒に味わっ
た食パンのエピソードがあります。ハトロン紙に包まれた1斤のパンを手でちぎってたべたそうです。
それで今回3本の食パンをハトロン紙に包み、会場の3名の方にちぎってたべていただきました。
芦屋PANYAの高級生食パンおとりよせ。
 
  【賢治・心平メニュー】
食パンと一緒にどうぞということでご用意しました。
ところで居酒屋火の車では水は「〆切(しめきり)」という名前がついていました。
 
小岩井農場クッキー 【心平・賢治・光太郎メニュー】
38.jpg
賢治さんが好きだった小岩井農場の風景。そして心平さんと光太郎さんのお気に入
りだった小岩井バターに想いを馳せて

以上です。
どうもありがとうございました!
28.jpg

  いわき市立草野心平記念文学館 
◎当日の様子は以下のブログ・FBでも紹介いただいています

 ★いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会FB
  3月10日の記事1→こちら★
  3月10日の記事2(動画)→こちら★  
  
 ★高村光太郎連翹忌運営委員会のブログ「火の車一日開店レポート」  
  https://blogs.yahoo.co.jp/koyama2870041/15489308.html

 ★みのおてならいFB
  3月10日の記事→こちら★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ★ご参考までに
  過去には2017年5月21日同文学館でお料理とお話させていただきました
  こちらでも心平さんゆかりのメニュー紹介しています。
  「心平さんの胃袋探訪~口福弁当おしながき」
  https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2017-06-09

  居酒屋火の車については
  ちくま文庫『火の車板前帖』おすすめの1冊です!
  https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2013-11-06
 


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。