SSブログ

宮沢賢治のイーハトーブ花巻レストラン 開催しました2・トークイベント篇  [宮沢賢治]

前の記事の続きです
 1・ランチ篇→https://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27

2017年2月16日に
トークイベント「宮沢賢治の花巻レストラン」を開催しました。
チラシ裏.jpg
おかげさまで会場は満員御礼。ありがとうございました!
・・・これは会場準備中の風景

10.jpg

賢治の作品世界×花巻の農の風景と食を紹介する
小冊子「宮沢賢治の花巻レストラン」もこの日に合わせてできあがりました。
この冊子、今後も花巻市内外の農産物を紹介する場面で活躍しますように!

12.jpg
トークイベントは
元フリーアナウンサーの中嶋美年子さんの朗読
童話集『注文の多い料理店』序から始まりました。

私は、まきまき花巻での取材風景などをお見せしながら
賢治の育った花巻の農の風景と、賢治の物語世界を紹介させていただきました。

取材当時を思い出しながらしゃべっていると
今も花巻の農の風景の中には、賢治さんの物語の世界がたくさんあるなあということ
あらためて感じました。
そしてそれって豊かだなあと。そんな感じが伝わっているといいのですが
最初に話そうと思っていたことの半分くらいすっとばしてしまった(笑)

会場のいっぱいの人がありがたく
その中には友人、知人、親戚の顔もあって、うれしいけれど冷や汗もの(笑)。
でも聞き手の中嶋さんが一緒で心強かった。

13.jpg
後半は中嶋さんの朗読で「水仙月の四日」から後半部分。
会場に雪嵐の風景がひろがります。

そのあとはうれしいお茶っこタイム!
今回の催しのカフェタイムに提供されるデザートのなかから
「雪童子(わらす)のおやつ」花巻産・雪の下にんじんを使ったカタラーナ

15.jpg
雪の下で元気に育つ雪の下にんじんで「水仙月の四日」の世界を表現しています。
カリメラに見立てたカリカリ食感も楽しめます。
・・・にんじんの風味がいい感じ。そして少し凍ってシャリッとしているところもまるで雪の世界でした(あくまでも私の感想です)

雪の下にんじん 淡いオレンジ色がきれいです
11.jpg

中嶋さんと加藤シェフ

14.jpg

見て聞いて味わって…いわての冬、そして花巻の農と食
そして賢治さんの作品世界いっぱいのひとときになりました。
私もとっても楽しかったです!
ご参加の皆様、関係者の皆様 ありがとうございました。

=♪=♪=♪=
当日の様子を紹介してくださっています。ありがとうございます!

♪ 川浦良枝さん公式サイト「しばわんこのおうち」の
ブログ「日々の楽しみ」より「雪童子(わらす)のおやつ」→こちら

♪ 加倉井厚夫さん「賢治の事務所」
 「緑いろの通信2月号」2月16日のところ
 →http://www.bekkoame.ne.jp/~kakurai/kenji/news/news201902.htm
 また、記事に載せている★の写真は加倉井厚夫さんよりいただいたものを使わせていただきました。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント